【サンムーン】ジャランゴの基本データ(タイプ,種族値,生息地,特性)

ジャランガの基本データ

 分類  うろこポケモン
 高さ 1.2m
 特性  ぼうおん/ぼうだん
(かくれ特性:ぼうじん)
 タイプ  かくとう・ドラゴン
 重さ 47.0kg
生息地 ポニの大峡谷
ジャラコが助けを呼んだ時のみ)
進化 ジャラコがLv35でジャランゴに進化
ジャランゴがLv45でジャラランガに進化

ジャランガの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
55 75 90 65 70 65

アローラ新ポケモン種族値一覧はこちら

全わざマシンの入手場所はこちら

ジャランガについて

ジャラコが進化した姿。修行のために単独で行動する。

 

戦う際に踊りを舞い、自分を鼓舞させる。

 

うろこの防御力が高いため防御の行動を説に攻め続けることができる。戦いでうろこははがれるが、すぐに生えてくる。

 

名前の由来は「ジャラジャラしたうろこ+Draco(フランス語でドラゴンの意)」であると思われる。

 

さらに進化して「ジャラランガ」になる。

 

発売前情報

かくとう技の「スカイアッパー」を使う事が確認されている。

発売後の予想

戦う前に舞いをおこなうこと、物理攻撃をおこなうことから「りゅうのまい」をおぼえる可能性がある。
かくとうタイプが追加された事により、フェアリータイプのかなり弱くなってしまう。特性「ぼうおん」があるため、ニンフィアの「ハイパーボイス」の採用が減り、ムーンフォースの採用が増えそうだ。

特性「ぼうだん」はXY時点では、ブリガロン系統特有の特性であった。ゲンガーの主力のわざのほとんどが無効化され、「ジャイロボール」も無効にする。

「ぼうおん」は音わざを無効化するため、ニンフィアなどの「フェアリースキン」の特性を持つ「ハイパーボイス」を無効にできる。
音わざは身代わりをすり抜けるが、「ぼうおん」で無効になるため採用しやすくなるだろう。

hishin

hishinローテの番人(故)

投稿者プロフィール

第六世代ではローテレートに毎シーズン1000戦以上潜り「ローテの番人」として総合勢から恐れられていたがローテーションバトルが第七世代のサンムーンで廃止され無職になった。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る