【サンムーン】デンヂムシの基本データ(タイプ,種族値,生息地,特性)

デンヂムシの基本データ

 分類  バッテリーポケモン
 高さ 0.5m
 特性  バッテリー
 タイプ  むし・でんき
 重さ 10.5kg
生息地
進化 Lv20でデンヂムシに進化
ポニ大渓谷でレベルアップでクワガノンに進化

デンヂムシの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
57 82 95 55 75 36

アローラ新ポケモン種族値一覧はこちら

デンヂムシについて

アゴジムシが進化したポケモン。進化に備え地面に埋まりじっとしている。

 

電気を貯める事ができ、他のポケモンへ供給する事ができる。

 

クワガノンに抱えられ、予備バッテリーとして利用される事もあるようだ。

 

名前の由来は「電池+虫」であると思われる。

 

デンジムシと間違えそうになるが、でんち+むしと覚えればよい。

 

発売前情報

アゴジムシの進化した姿。新特性「バッテリー」は味方の特殊技の威力を上げる効果。電気ワザの「スパーク」を使う事がわかっている。

 

発売後の予想

新特性「バッテリー」はダブルバトルやトリプルバトルで活躍する特性。

 

また、進化してクワガノンになるため「しんかのきせき」がサンムーンでも存在していれば強力なサポーターになるだろう。

 

設定により「じゅうでん」や「たくわえる」を覚える可能性があり、耐久を上げる技で活躍できそうだ。

 


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

hishin

hishinローテの番人(故)

投稿者プロフィール

第六世代ではローテレートに毎シーズン1000戦以上潜り「ローテの番人」として総合勢から恐れられていたがローテーションバトルが第七世代のサンムーンで廃止され無職になった。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る