ポケモン一覧

【サンムーン】カプ・コケコの基本データ(タイプ,種族値,生息地,特性)

カプ・コケコ

カプ・コケコの基本データ

 分類 とちがみポケモン
 高さ 1.8m
 特性 エレキメイカー
 タイプ でんき・フェアリー
 重さ 20.5kg
生息地 殿堂入り後のイベント
進化

カプ・コケコの種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
70 115 85 95 75 130

アローラ新ポケモン種族値一覧はこちら

カプ・コケコが覚えるわざ

レベルアップで覚えるわざ

[table id=19 /]

わざマシンによって覚えるわざ

[table id=20 /]

 

カプ・コケコについて

アローラ地方の島の1つ「メレメレじま」の守り神と呼ばれている特別なポケモン。

 

ただし、守り神と呼ばれてはいるものの、いつも助けてくれるわけではなく意外と気まぐれな性格。

 

カプ・コケコは両手の殻を閉じることで電気を溜めることができるが、その際の姿は鳥に非常に似ている。

 

名前の由来は「カプ(Kapu:ハワイ語で禁忌)+コケコ(鶏の鳴き声?)」であると思われる。

発売前情報

他の通常ポケモンとは違い、多くのイベントシーンが公開されている明らかに異質なポケモン。

 

守り神と呼ばれている設定から、準伝説あるいは過去作における「カビゴン」や「ウルガモス」のように「野生で出会えるのは1度きり」といったレアポケモンの立ち位置であることが伺える。

 

新特性「エレキメイカー」を持ち、場に出た瞬間に「エレキフィールド」を発動させるという初の効果で戦う。

 

また、「しぜんのいかり」という新登場の技も覚える。が、効果はどう見ても「いかりのまえば」と同じである。タイプや命中率で差別化されることが予想される。

発売後の予想

優秀な組み合わせのタイプやエレキメイカーといった新要素もあり、大きな注目を集めているポケモン。

 

特性のおかげで自動的にねむり状態を防げるので、「ドーブル」による「ダークホール」が猛威を奮っているダブル、トリプルでは特に活躍が見込まれる。

 

ちなみに、元ネタとなるハワイの四大神は4種類いるため、守り神シリーズもあと3種残されているであろうということが予想される。