ポケモン一覧

【サンムーン】ナゲツケサルの基本データ(タイプ,種族値,生息地,特性)

ナゲツケサルの基本データ

 分類  れんけいポケモン
 高さ 2.0m
 特性  レシーバー
(かくれ特性:まけんき)
 タイプ  かくとう
 重さ 82.8kg
生息地  シェードジャングル
進化

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
100 120 90 40 60 80

アローラ新ポケモン種族値一覧はこちら

 

ナゲツケサルが覚えるわざ

レベルアップで覚えるわざ

[table id=109 column_widths=”10%|45%|10%|10%|25%” /]

わざマシンによって覚えるわざ

[table id=110 column_widths=”10%|45%|10%|10%|25%” /]

遺伝によって覚えるわざ

[table id=111 column_widths=”45%|10%|10%|35%” /]

 

ナゲツケサルについて

20~30匹の群れで暮らす、サル型のポケモン。

 

木の実を投げるのが得意で、戦いにおいて攻撃やかく乱につかう。

 

群れのボスは食料をさがしたり、木の実の投げ方を教えたり率先して群れに貢献する。

 

トレーナーのボールの投げ方にもうるさく、投げ方がうまくないトレーナーには従わない。

 

名前の由来は「なげつける+サル」であると思われる。

 

新特性「レシーバー」はナゲツケサルの連携のよさを表した特性になっている。

発売前情報

サンバージョンでのみ出現し、新特性「レシーバー」を持つ事がわかっている。また「なげつける」を覚える事もわかっている。

発売後の予想

新特性「レシーバー」は倒れた味方の特性を引き継ぐというもの。

 

ダブルバトル専用の特性だ。「おきみやげ」などで味方が自主退場したときや、味方を攻撃して倒しても発動するとなると任意の特性を引き継げそうだ。
かくとうタイプ単体のためエスパータイプやひこうタイプがおおいアローラ地方での活躍はダブルバトルでのパートナーとの連携が重要になってくると考えられる。

ABOUT ME
hishin
古参ローテ勢。第六世代ではローテレートに毎シーズン1000戦以上潜り「ローテの番人」として総合勢から恐れられていたが、ローテーションバトルが第七世代のサンムーンで廃止され無職になった。