【サンムーン】アゴジムシの基本データ(タイプ,種族値,生息地,特性)

アゴヂムシの基本データ

 分類  ようちゅうポケモン
 高さ 0.4m
 特性  むしのしらせ
 タイプ  むし
 重さ 4.4kg
生息地 1番道路、4番道路、5番道路、6番道路
進化 Lv20でデンヂムシに進化
ポニ大渓谷でレベルアップでクワガノンに進化

アゴジムシ種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
47 62 45 55 45 46

アローラ新ポケモン種族値一覧はこちら

アゴジムシについて

大きなアゴを使って地面のなかを進む事ができ、糸を吐くことで木にぶら下がり移動する事もできる。

 

電気が好きで、発電所の近くにいることがあるようだ。

 

名前の由来は「アゴ+地面+虫」であると思われる。

 

進化してデンジムシ、クワガノンなることがわかっている。

発売前情報

野生で出現し、「いとをはく」を使用しているのがわかっている。

 

また進化後のデンジムシへ進化すること、さらにクワガノンに進化することが発表されている。

 

発売後の予想

虫ポケモンで2進化するポケモンなので、進化しないで活躍するのは難しいだろう。
設定より、「むしくい」「あなをほる」なども覚えると予測できるので、進化後もそのワザを使い活躍することを期待できる。
ストーリーでは水ポケモンのにがてなニャビーを選択した場合、進化後のでんきワザで相性の補完ができそうなポケモンである。

 


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

hishinローテの番人(故)

投稿者プロフィール

第六世代ではローテレートに毎シーズン1000戦以上潜り「ローテの番人」として総合勢から恐れられていたがローテーションバトルが第七世代のサンムーンで廃止され無職になった。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る