【サンムーン・WCSダブル】ナックラー+ムウマージ軸滅びパーティ

この記事は筆者の知人が考えたナックラーとムウマージ入りの滅びの歌パーティになります。

組もうと思ったきっかけ

ORASのダブルバトルにて、「ガルーラ」「メガゲンガー」「霊獣ランドロス」「化身ボルトロス」「モロバレル」「マリルリ」という一見スタンダードに見える滅びの歌パーティが環境に存在しました。

そこでメガシンカ等が使えないもののアローラダブルでも滅びパーティを組むことができるのではないか?と思い立ち構築を組みました。

しかしながら前環境の滅びパーティの中心のポケモンたちはアローラには存在しないため構築の偽装路線をあきらめることに。

パーティ構築順

まずはコンセプトである「ほろびのうた」の始動役として通常はゲンガーやニョロトノがメジャーですが、今作からはゲンガーの特性が浮遊から呪われボディに変更されてしまいました。

「ほろびのうた」を確実に決めることを考えると「かげふみ」または「ありじごく」を採用することのなりますがアローラ環境ではメガゲンガーはもちろんゴチルゼルも使うことができず、そもそも全国でも地面技を半減できるポケモンが存在しないため地面技の一貫性を切らなければガブリアスの地震を使われるだけで半壊するパーティとなってしまいます。

そこで地面技の一貫性を切りながらZ技を上から使われることで滅びが始動できないという盤面が発生しないように特性に浮遊を持ち最低限の素早さを持つムウマージが採用されました。

 

次に前述した交換を封じるポケモンですが、実は聡明な読者の方ならわかるかもしれませんがアローラではダグトリオがリージョンフォームとなっているポケモンなので実は「ナックラー」しか存在しません。

メガゲンガーは使用禁止、ゴチルゼルは島スキャン、ソーナンスはバンク必須です。

パーティコンセプトが「ほろびのうた」で相手を倒すことである以上このナックラーの採用は必須であるためナックラーも採用されてしまいました。

 

 

次にこの滅びの歌を確実に決める手段としてですが、当然相手の攻撃を耐えきることが重要となるため「いかく」で相手の能力を下げることにしました。

しかしアローラ図鑑で特性いかくのポケモンの多くはとんぼ返りを使うことができません。

滅びパーティにおける特性いかくのとんぼ返りは初手で威嚇を発動させ攻撃力を低下させ、味方にとんぼ返りを使うことで確実に手持ちに下がりながら交換を封じるポケモンを展開。

同時に滅びの歌を始動しておくことで次のターンは両守るを選択することで安全に2ターンを凌ぐという動きができるのでぜひとも採用したいところ。

そこで注目したのが今作で強化されたアメモースの存在です。

アメモースはひこうタイプを持つため地震を使われるだけで半壊するという状況を防ぐことができ特性威嚇のとんぼ返りという条件を満たしています。

 

基本選出となるのはこの3匹で残りのポケモンたちは特性の「危機回避」でアメモースのトンボ帰りと同様の動きをとることができ、ワイドガードで範囲技を封じることのできるグソクムシャ。

メガシンカはできないもののそこそこの耐久から猫だましを使うことができ安全に滅びの起動やターンの稼ぎが期待できるガルーラ。

第二の滅び役でありアンコールで相手の行動を封殺できる可能性のあるアシレーヌという形になっています。

個別解説

ムウマージ

ムウマージ 臆病HS 脱出ボタン
ほろびのうた/まもる/シャドーボール/マジカルフレイム

採用理由は前述のとおり地面無効で素早い滅びの歌要因。

ナックラーの蟻地獄ではテッカグヤやリージョンガラガラの交換を防げないため最終的に残した場合に倒しきれるようにした。

持ち物の脱出ボタンはガルーラのねこだましと合わせてナックラーの蟻地獄でロックから守るで滅びターンを稼ぐために採用した。

ナックラー

ナックラー勇敢HA 気合のタスキ
じしん/あなをほる/フェイント/まもる

かげふみ役がナックラーしか存在しないため守ると穴を掘るで時間を稼ぐ。

基本的にこの2つの技があれば完結するため最悪の場合普通に殴れるように地震とフェイントを採用した。

実は攻撃種族値が100でフライゴンと同じため最低限の打点は出る。

穴を掘るは地震を使うポケモンが相手にいる場合では掘れるのは墓穴だけであるため注意。

ムウマージ

アメモース のんきHB 混乱実
とんぼがえり/まもる/はねやすめ/くろいきり

前述した威嚇蜻蛉の動きが基本。

太鼓などに対しては黒い霧で積みでリセットすることも可能。

種族値が足りないため過信は一切できない。

グソクムシャ

グソクムシャ なまいき HD 混乱実
ワイドガード/まもる/ねっとう/むしのていこう

ワイドガードを使える実質脱出ボタンである特性の危機回避が本命。

技は相手の火力を削ぐことに特化させた。

アシレーヌ

アシレーヌ 図太い HB 混乱実
まもる/ほろびのうた/アンコール/ねっとう

耐性が優秀であるためウインレヒレ等のメジャーな並びにも強気で滅びを使うことができる

アンコールの存在と熱湯の火力があるので殴らないといけないときに最低限殴れるのも強い。

ガルーラ

ガルーラ 陽気 HS 混乱実
ねこだまし/かみつく/かなしばり/まもる

ゴーストタイプにも通るきもったま猫だましが優秀。

かなしばりで地震などを縛ったり、かみつくの3割ひるみを狙える

選出

選出はできる限り以下の基本選出

ムウマージ/ガルーラorアメモース

+or

裏ナックラー+アメモースorガルーラ

+or

で、行います。

滅びを打たなければ始まらないためムウマージは絶対に選出。

ナックラーは初手で出すとZ技等の関係で3ターン目が辛くなるため交換や蜻蛉帰りから出すのが理想です。

飛行タイプ、ゴーストタイプが初手で来た場合(主にテッカグヤ、ミミッキュ、ガラガラ)は基本不利なので頑張りましょう(投げやり)

テッカグヤ一匹くらいなら数の有利を意識すればなんとか圧殺できないこともありません。

反省

まずガルーラゲンガー云々と違う点ですが

  • 圧倒的種族値の低さ
  • 奇襲性のなさ
  • 単体性能

という三重苦を抱えているためどの戦いも厳しいものとなりました。

また、滅びが失敗した場合やうまく繋がらなかった場合、即負けに直結していまいます。

上記6匹以外にもクレッフィ(両壁守るフェアリーロック)を考えてみたが、脆いポケモンの耐久をあげても普通の水準になるくらいで恩恵が薄く採用には至りませんでした。

レートは1600程度。

スピスワ太鼓カビゴンを滅び倒した時が一番輝いていました。

アローラ地方でほろびのうたに特化したパーティを使いたいならばぜひ皆さんもナックラーを育ててみてください。

 

バトルビデオ

mzdg-wwww-www6-ccdk
vqyg-wwww-www6-ccdh

Black

Black中の人は喰いタン

投稿者プロフィール

ここでは黒と名乗っています。
よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • ガルモン
    • 2017年 4月 05日

    こんにちわ。
    滅び構築読ませて頂きました。
    とても面白いと思います。
    ガルーラの技構成なのですが、テッカグヤ意識の火炎放射を入れるというのはどうなのでしょうか?

    • Black
      • Black
      • 2017年 4月 12日

      僕本人が構築したわけではないため僕の想像をもとに回答をさせていただきます。

      火炎放射の採用はおそらく厳しいはずです。
      なぜならばこの噛みつくはテッカグヤと同様にありじごくの効果を受け付けないガラガラへの遂行打点及びミミッキュを怯ませるという採用理由があります。
      使用率上はテッカグヤが8位でありますし、火炎放射で残数を減らしに行けるカミツルギが5位と数多く環境に存在します。
      しかしこの2匹はそれぞれ火力が低いため滅びの歌で詰めやすい、ありじごくから抜けることができないという問題を抱えており火炎放射を採用せずとも倒すことが可能です

      しかしガラガラは蟻地獄でロックできないだけでなく専用持ち物のふといほねで高い火力でこちらの守りを崩してくる恐れがあり、ミミッキュはトリックルームを使うことで滅びの順番を変更し詰めに失敗する恐れがあります。

      またどうしてもテッカグヤとカミツルギへの専用対策技となってしまう火炎放射と違いかみつくは3割の怯みが存在するため、本来の仮想敵であるゴーストタイプ以外に使っても滅びのサポートが期待できます。
      これらの点を考えると火炎放射の採用はどうしても使い道の限られた専用対策になってしまうため、基本選出に組み込まれており広い範囲を相手することになるガルーラにはあっていないと思われます。

ページ上部へ戻る