【サンムーン・WCSダブル】2種類の太鼓暗示特化型パーティ

この記事は著者が知人から許可を取り代筆させて頂いた2種類の太鼓暗示特化型パーティの記事です。

初めに

腹太鼓という最強の積み技を軸とし、攻撃力6段階上昇のポケモンを2匹盤面に揃えることを目指した構築です。

勝ち筋が非常に極端で止められやすいため「トリックルーム」と「スピードスワップ」の2パターンを準備することで選出時点から対戦相手に2択を迫ります。

再選時に既にギミックが割れていても別パターンを当てはめるか、プレイングを変更することで勝利を目指せるように構築されています。

 

パーティ

party

※一部QRと紹介される構築で違う点がございます

カビゴン

143

カビゴン@フィラのみ くいしんぼう のんきAB
おんがえし/いわなだれ/はらだいこ/まもる

太鼓暗示の唯一無二のエースにして唯一の始動役。

太鼓暗示はコンボが始動しなければつながりのない単体性能にかけたポケモンたちの集まりとなってしまうためなんとしてもはらだいこを選択しコンボ決めることを優先する。

コンボが決まらないかもしれないので別の勝ち筋を追い求めるのではなく、コンボが決まらなければ負けという覚悟をして使うべきポケモンです。

 

恩返しは主力安定技であり鋼タイプが相手でも大半のポケモンを1撃で葬り去ります。

守るは太鼓暗示始動後に太鼓まで含めると攻撃に最高3ターンしか残されていないため相性が悪い部分もありますが、先制技から守りながら暗示に繋げたりトリル再始動もできるため外すことができません。

 

残る1枠は地震や各種単体技との選択ですがこのパーティでは岩雪崩を採用しています。

これは環境に多く存在するウインディを確定1発にすることができ隣の雪崩が通らないガブリアスなどをミミッキュで追撃する動きと、後述するルカリオのちのちがけではウインディを倒すことができないため処理手段の確保という2つの理由が挙げられます。

ルカリオ

448

ルカリオ@こだわりスカーフ せいしんりょく ようきHS
いのちがけ/このゆびとまれ/ファストガード/インファイト

太鼓暗示の始動の補助役。

ルカリオが迅速に退場しカビゴンが太鼓をするためのスペースをあけることが重要となる。

いのちがけ以外の3つの技がそれぞれ使いたい場面も多く、特に対面有利を倒せるインファイトとサポートできそうなこのゆびとまれを選択したくなるがそれは罠。

ルカリオが場に残るよりもカビゴンがはらだいこを決めたほうが制圧力に上回るためよっぽどの場面でなければいのちがけ以外の技は選択しません。

そのため技構成としてはいのちがけのみが確定で残る3種が選択となります。

いのちがけ以外の技を選択して生き残ったときに出しなおしてカビゴンの攻撃を通せるフェイントや、回復を担当できる癒しの波動、オーロラベールを貫くかわらわりも採用圏入りますので自分で扱いやすいのように変更を加えることも可能です。

しかし攻撃技を増やしてルカリオが居座る場面を増やしてしまうようならば太鼓暗示がパーティ全体の足を引っ張ってしまうことになるのにつながってしまいかねないため、パーティコンセプトは常に忘れないようにしましょう。

ドーブル

235

ドーブル@きあいのたすき マイペース おくびょうHS
きのこのほうし/トリックルーム/このゆびとまれ/ファストガード

汎用妨害技でありエレキ・ミストフィールド以外の盤面であれば素早さ優位をとった瞬間に打ち得となるきのこのほうしとコンボのメイン始動役となるトリックルームは確定。

パーティメンバーで見た場合にミミッキュがトリルを始動してくると想定されていると思うため奇襲技。

このゆびとまれは迅速な退場且つ太鼓カビゴンを守るために必要な技。

残り1つは各種先制技を防ぎつつドーブルを残したい盤面に対応するためにファストガードとしたが範囲攻撃を防ぐワイドガードや汎用妨害技のねこだまし、攻撃を下げるキングシールドなども候補となります。

くろいきりカプ・レヒレが今後増えてくるのであれば挑発なども必要となる状況があるかもしれません。

ミミッキュ

778

ミミッキュ@フェアリーZ ばけのかわ なまいきHA
じゃれつく/かげうち/トリックルーム/じこあんじ

ばけのかわによる行動保障で確実にじこあんじを決めたりトリル再始動を狙う汎用エース。

じゃれつくの命中不安を打ち消すフェアリーZが有用です。

シャドークローを採用しむげんあんやへのいざないを打ちたいと考える方も多いかと思いますが、カビゴンの岩雪崩と組み合わせた場合の相性を考えるとじゃれつくのほうが無難です。

どうしてもゴースト打点がほしいと感じるならばかげうちをゴーストZで強化し瞬間的に威力100の技として使うのがよいでしょう。

あまりお勧めはしませんが……

フェローチェ

795

フェローチェ@かくとうZ ビーストブースト ようきAS
とびひざげり/とんぼがえり/フェイント/スピードスワップ

太鼓ではないほうの勝ち筋となるスピードスワップ担当。

襷をドーブルが所持しているため格闘Z。

スピードスワップ後は速やかに退場し他のポケモンに繋ぐ必要があるため即死でも問題ありません。

生き残った場合はフェイントで確実に攻撃を通したり蜻蛉で一時撤退した後に格闘Zを押し付けます。

基本的に勝ち筋としてはトリックルームのほうが強固な布陣を作れるのでフェローチェはあまり使わないようにします。

選出時点と再戦時で強烈な別択を作ることができ、且つ普通に使っても戦えるという裏選出です。

 

キュワワー

764

キュワワー@メンタルハーブ ヒーリングシフト ずぶといHB
フラワーヒール/てだすけ/しんぴのまもり/トリックルーム

ウインディのしんそくよりも先にカビゴン等を回復できるサポーター。

トリックルームを採用することでスピスワ失敗成功の両パターンに対応する。

てだすけでいわなだれの火力をサポートしたり、恩返しでA5状態でカミツルギを確定1発ラインに押し込んだりもできます。

選出とプレイング

jikoannnjipng

構築のテーマの通り2種類の選出パターンが存在します。

それ以外の選出パターンは状況に合わせて変更する事例もあるためほとんど存在しないといっても過言ではないため注意が必要です。

これ以外の選出をする場合には非常に高い熟練度が要求されます。

 

トリックルームパターン

ルカリオ+ドーブル+カビゴン+ミミッキュ

ルカリオでいのちがけを使用しながらドーブルでトリックルームを展開。

カビゴンではらだいこを使いながらドーブルをこのゆびとまれで退場させミミッキュを出して暗示する動きが基本。

拘りルカリオ+ドーブルの盤面は非常に弱くなにもできないといっても過言ではないためできる限り迅速にルカリオを退場させる。

その後も攻撃6段階上昇カビゴン+ドーブルよりも攻撃6段階上昇カビゴン+攻撃6段階上昇ミミッキュのほうが盤面的に強いためできるかぎり早く強い盤面を作れるように意識する。

 

スピードスワップパターン

カビゴン+フェローチェ+キュワワー+ルカリオorドーブル

カビゴンではらだいこをせんたくしながらフェローチェでスピードスワップをする動きが基本。

トリックルームパターンに比べ盤面を作った後にカビゴンが登場するわけではないので迅速にキュワワーを出しカビゴンを安定させることが重要。

フェローチェとミミッキュがZ被りを起こしているためミミッキュを選出できず暗示ができない分カビゴンへの依存度が高まっていることに注意。

ルカリオはカビゴンの障害を確実に排除できるように動く必要がある。

この構築を使うときの注意点

swws

ルカリオのいのちがけで持っていける範囲を暗記する必要がある。

カプ・レヒレは1発で倒せるがウインディは倒せないのでこの2匹の比較ではカプ・レヒレを優先する。

ガブリアスはいのちがけ1発では絶対に倒せないためガブリアスにいのちがけは使用しない等。

はらだいこを使わなければシナジーの弱いポケモンの集まりでしかないためはらだいこを決めることはすべてに優先する。

QRコード

下記のURLから取得できます。

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-733C-44DE

 

まとめ

haradaiko

太鼓暗示をどこまで信じることができるかが重要なギミック特化型のパーティです。

使用難易度そのものは太鼓暗示への信頼をどこまで持てるか?という点でやや難しいと分類できます。

しかし一度扱いを覚えてしまえば超火力で相手をなぎ倒すのは爽快、是非扱いをおぼてみてはいかがでしょうか?

黒

中の人は喰いタン

投稿者プロフィール

ここでは黒と名乗っています。
よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る