【サンムーン】ポケバンクが解禁されたのでシングルバトルのコンボパーティを考えてみた

初めに

シングルバトルはダブルバトルに比べて選択肢が少なくコンボを組み込むのには向いていない。

あくびステロやほえるステロ、壁から積むぐらいしかできないと思っていませんか?

しかし実はそれは違います。

ダブルに比べると少ないことは事実ですがシングルバトルでもパーティ全体で3匹を使ったコンボというのは存在します。

人口が多いため環境に参戦することは少ないですがポケバンク解禁もされたことですし著者の思いついたものをいくつか紹介したいと思います。

コンボパーティ

「バトンタッチ」パーティ

バトンタッチといえば壁を張って置き土産を使い積み担当を出して最後のエースで一気に制圧……

ナインエボルブーストなど対戦相手のパーティを見た瞬間にこれはバトンタッチ型のパーティだとわかってしまうものが多いです。

しかしバトンタッチの使い方はそれだけではありません。

3匹のポケモンすべてをアタッカーして使用する対戦も可能だったりするのです。

 

参考例)バトンタッチ軸ビートダウン

brizeken

バシャーモ@きあいのタスキ
だいもんじ/とびひざげり/バトンタッチ/まもる

196

エーフィ@ノーマルz
サイコキネシス/バトンタッチ/あさのひざし/おいわい

212

ハッサム@ハッサムナイト
バレットパンチ/はたきおとす/バトンタッチ/はねやすめ

 

バトンタッチを連続して使用するコンボパーティの一例です。

先発のバシャーモからして一般的な壁からビルドアップを使用し弱点保険を発動させるようなタイプではありません。

あくまでもこのポケモンたちは普通に戦いながら交換の代わりにバトンタッチを使うことでその能力変化を引き継ぎ戦います。

相手の交換を見ながらこちらが出すポケモンを選択することができ、ターンがたてばたつほどポケモンたちの能力がアップしていきます。

最後のエース1匹に頼らない、三位一体となって戦うバトンタッチパーティです。

注:おいわいエーフィは「ようき」らしいです(著者未確認)

「まもる」パーティ

シングルバトルでの守るといえば食べ残しの回復待ちに使ったり滅びの歌の時間を稼いだりどくどくのダメージを増やしたりと地味ながら確実な使われ方をすることもある技です。

しかし地味なのもあり守るの使用用途は限定されてしまっています。

ではその地味な守るを主役としてパーティに採用してみるとどうなるか、気になりませんか?

参考例)まもる軸毒滅び瞑想全部乗せ型

059
ウインディ@ほのおz
フレアドライブ/ワイルドボルト/しんそく/どくどく

20140205205123f1e

ゲンガー@ゲンガナイト
シャドーボール/ヘドロばくだん/ほろびのうた/まもる

788

カプ・レヒレ@たべのこし
ハイドロポンプ/ムーンフォース/めいそう/まもる

一見シナジーがなさそうにも見えますが実際の試合展開を想像してみましょう。

まず序盤戦はウインディでほのおzと神速で1対1交換をしながらどくどくを倒れ際に使うことになるでしょう。

そして中盤戦ではゲンガーがメガシンカをしながらどくまも

相手がどくまも前に逃げたら滅びの歌と守を併用して動くことになります。

ゲンガーが倒されればカプ・レヒレがその後から出てきて滅び守るやどくどく守るを継続して行いながら食べ残しで回復し瞑想で積んでいく動きが可能となります。

「ほろびのうた」や「どくどく」の1つに頼らずとも守るはパーティの中心としてなりえる技といえます。

「とくぼうダウン」パーティ

固有の技というよりも固有の技ジャンルを活用したもの。

数の少ない防御ダウン技や威力に劣る素早さダウン技とちがい特防を低下させる技の種類は豊富且つ主力級のポケモンが多いです。

この追加効果を持つ技を主軸にパーティを組むこともできます。

 

参考例)特殊軸普通スタンダード

381

ラティオス@拘り眼鏡
りゅうせいぐん/サイコキネシス/サイコショック/かみなり

681

ギルガルド@弱点保険
シャドーボール/ラスターカノン/かげうち/キングシールド

637

ウルガモス@命の玉
だいもんじ/むしのさざめき/めざめるパワー氷/ちょうのまい

 

完成されたドラゴン+鋼+炎の相性をベースに特防ダウンさせる技を主力とできるポケモンで構築。

主力技がそのままパーティコンセプトを実現する技となっているので特別な立ち回りを行わずとも対戦相手の特防を下げることができるでしょう。

当然特殊に偏っていますから誰かが何かの特防を下げればそれが突破口となる可能性も……?

終わりに

oiwai2

今回はコンボ例紹介という形で行ってみましたがいかがでしょうか?

これらのコンボはなんらかの理由で環境最上位クラスでは通用しないケースが多いです。

しかしポケモンバトルとは勝つだけでが楽しみではありません。

 

好きなポケモンを使ったり、自分だけのオリジナルコンボを考えたりするというのも楽しみの一つ。

皆さんも自分だけのオリジナルコンボを考えてみてはいかがでしょうか?

この記事がきっかけの一つとなれば幸いです。

黒

中の人は喰いタン

投稿者プロフィール

ここでは黒と名乗っています。
よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る